大きな地図で見る

本当に海外の移植は大丈夫なのか・・・・
医療レベルは信頼できるのか・・・・
帰国後の継続治療はどうしたら良いのか・・・・
実際に体験された人から話を聞きたい・・・・

渡航移植は考えれば考えるほど不安は尽きません。
様々な意見や情報が交錯し、実像が見通せないのが現状ではないでしょうか
身近な主治医に相談しても渡航移植に関して積極的なアドバイスを受けることは難しいようです。
まずはお気軽にお電話して頂きお問い合わせ下さい。

045-471-5575(電話受付は平日9時〜18時)
また大阪相談室(大阪付吹田市内)も開設しておりますので、
大阪にて面談をご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい。

都合が合えば、新横浜事務所、大阪事務所ともに渡航移植を経験された患者様に同席して頂きお話を聞くことも可能でございます。希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。

渡航経験患者様との面談やお話しを希望される方へ
移植体験者様は渡航移植に関する病院の斡旋や仲介等は一切行っていません。あくまでも渡航移植で体験されたことをお伝えすることに限らせていただきます。
・担当者が不在の場合は折り返し電話しますので連絡先を残してください。
・渡航経験者の方々はお勤めや日常業務の合間に対応されますので、必ずしも同席ができる訳ではございません。

渡航経験患者様との同席ができない場合でも、お電話にてお話を聞くことは可能でございますので、電話での希望の場合はその旨をNPO職員へお伝えください。
渡航経験者様へ電話を掛け、留守番電話になっている場合「移植の件で電話しました」またはメールで「移植のことで話を伺いたい」とメッセージを残しておけば、日中忙しい方なら夜間もしくは休日に連絡が入ると思います。どうしても連絡が取れない場合は「難病患者支援の会」へお問合せください。

対話のポイント
・医師は信頼できるか
・病院は衛生的だったか
・病院食はどうだったか
・現地の透析は大丈夫か
・待機時間はどのくらいか
・総支出額はいくらか
・支払方法はどうしたか
・現地スタッフの対応はどうだったか
・帰国後はどこの病院へ通われているか
・現在の体調はどうか
・生命保険の給付は受けられたか

その他、不安に感じていることをお尋ねください。
※患者様により手術された時期・病院・費用・待機時間は様々です。

皆様からのご相談に応じてくださる移植体験者の方々も渡航前には様々な不安を経験されました。渡航移植を検討されている方へ自分自身の経験が役立つのであればとの想いからご協力を頂いております。この点を十分にご理解の上、失礼のない対応をお願い致します。
※渡航し無事移植が終わり、帰国された際は連絡を取られた方へお礼を兼ねてご一報お願いします。
渡航移植に関して当NPOからの情報提供だけでは判断しきれない部分も多々あるかと思います。例えば「術後の痛みはどうか」「病院食はどうだったか」「言葉の問題はどうしたか」などです。これらは実際に経験された方ではないと正確にお伝えすることは難しいです。

そのような患者さんの不安を少しでも解消するため、当NPO法人では渡航前に移植経験者から直接話を聞ける機会も設けております。そうしたところ、皆様から「話が聞けて本当によかった」「状況が分かり覚悟がつきました」との言葉をいただきました。
このような経緯で渡航移植を検討されている方が経験者と直接コンタクトを取ることができる窓口を設けることで、多くの渡航移植経験者からの話を参考に皆様の治療計画に役立てれば幸いです。


copyright(c)the association for patients of intractable diseases all right reserved.
住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜901a